海外旅行の準備

まずは計画をたてよう!

海外旅行を計画するにあたって、まずは手始めにその国を調べてみましょう。国それぞれにベストシーズンがあります。人の価値観によって様々ですが、まずは行きたい国、そして場所を考えてみましょう!

また、同じ国でも訪れる時期によっては全く違った印象になります。 特にビーチリゾートでは、雨の時期や台風のシーズンを避けた方が良いです。

また、出発する時期によって料金は大きく変わります。たくさんの人が休暇を取る年末年始やゴールデンウィーク・お盆休みの時期は料金が高くなります。

予算を抑えて様々な国を旅行する、価格を重視した旅もオススメです。

ちなみに、外国は日本と祝祭日が違う時があるので調べて行くと便利です。
例えば中国などは10月初日から一週間ほど休みなのでその間に行くとほとんどのお店がお休みなんて事も。

こちらで調べる事ができます。しっかり準備して、楽しい旅行にしましょう!

旅行スタイルを考える

一口に海外旅行と行っても色々な種類があります。旅行会社がチケットの手配や現地でのガイドをしてくれるツアーや、全て自分で手配する個人旅行、チケットやホテルの手続きはしてくれて現地では自由なフリープランツアーなどもあります。それぞれにメリット、デメリットがあるのでしっかりと情報を集めてから 決めましょう。

個人旅行のメリット

  • 自分の好きなように計画を立てられる。
  • ホテルや旅行券などを直接予約した場合に様々な特典を受けることができる。
  • 行動に拘束がないので、自由にスケジュール変更ができる。
  • 観光客が少ない穴場のホテルを予約する事が可能。

ツアー行のメリット

  • 面倒な手続きなどは全て旅行会社に任せられる。
  • ツアーの特典を受ける事ができる。
  • 何かトラブルがあった場合でも様々な保証があるので安心できる。
  • ツアーデスクがあるのでトラブルが起こっても安心、夜間も対応してもらえる。

個人旅行のデメリット

  • ホテルや旅券などすべて自分で手配する。
  • 現地でトラブルが起きた時に自分で対応しなければいけない。

ツアー行のデメリット

  • 自由時間が少ない
  • 旅行の途中でスケジュールを変更できない

パスポートについて

パスポートは、海外で日本人であることを証明する唯一の身分証明書で、申請は住民登録をしている各都道府県の旅券課で行えます。申請から発給までは1週間から10日程かかります。なお、代理人などでも申請できますが、本人でないと受け取りはできません。
ちなみに、休暇の前は混んでる事もあります。

①住民登録をしている都道府県の旅券課か出張所の窓口で申請。

②数日後、詳細が書かれたハガキが届く

③旅券課に出向き、受け取る(受け取りは必ず本人が行く)

申請に必要な書類
  • 一般旅券発給申請書1通
  • 戸籍謄本または謄本(発行後6ヶ月以内のもの)1通
  • 住民票(発行6ヶ月以内で本籍地の記載があるもの)1通
  • 写真(縦45×横35㎜)
  • 運転免許書など身分を確認できるもの
  • 印鑑

なお、ビザが必要になる場合があります。観光目的の短期滞在であればビザは必要ないケースが多いです。ただし、国によって免除期間の日数が異なるので必ず確認してください。
ビザは各国の大使館や現地の空港で取得する事ができます。こちらも国によって違うので、事前に調べましょう。

旅行先の国は安全ですか?

衛星面の問題もありますが、治安なども事前に調べておくと良いでしょう。
生の水や食べ物を口にすると食中毒などになる可能性もあります。

衛生管理の以外にも問題がある水は特に注意をしてください。特にヨーロッパ地方の水は、 「硬水」なので「軟水」に慣れた日本人の体ではお腹を壊しやすいといえます。

また観光地から離れた地方に行く時には十分に下調べしておくことをオススメします。
こちらのサイトをぜひ参考にしてください。

外務省 海外安全ホームページ
http://www.anzen.mofa.go.jp/

ホテルの選び方

海外旅行を充実したものにする上で、ホテル選びはとても大切です。

個人旅行の場合、自分でホテルを予約しなければなりません。ピークシーズンは、旅行会社が多くのホテルを事前に確保しているので、個人では予約が取りにくいかもしれません。

立地やアクセスが良いのはもちろんですが、料金も手頃な方が良いですよね。でも、極端に安いホテルは避けた方が良いです。

ホテル選びを失敗しないために、しっかりとした情報収集をしましょう。

ここでは、私の経験を元に4つの方法をご紹介します。

旅行会社・旅行代理店を通して予約する

旅行会社のパンフレットにはホテル情報か観光情報まで載っているのでホテル選びにとても便利です。
また、大手の旅行会社のほうが、実績があるので比較的に予約が取れやすいです。
朝食のサービスや立地などお部屋の条件を伝えましょう。ホテルの代金は、日本を出発する前に旅行会社に支払うケースがほとんどです。

電話などでホテルに直接予約する

直接電話でホテルを予約する事も可能です。ホテルのホームページでインターネット予約限定のキャンペーン価格や特典があります。ただし、ピークシーズンは取れない可能性があります。
私がまだネットをよく知らない時は直接電話をかけていた時もありました。しかも値切ろうとする…なんて奴だ!と思われたに違いありません。

総合ホテル予約サイトで予約する

インターネットの総合ホテル予約サイト(エクスペディアなど)は、たくさんのホテルの料金が比較できるうえに、実際に泊まったお客様の体験談(口コミ)なども見ることができます。
私はセゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カードを使ってエクスペディアの予約をしています。元々安いエクスペディアですが、料金がさらに割引になります。永久不滅ポイントもたまるのでオススメです。

・Expedia(総合ホテル予約サイト)
エクスペディアで5%OFFまたは8%OFFのクーポン利用してお得に海外旅行する方法はこちら

・セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カード(海外旅行向けクレジットカード)

セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カードについて詳しくはこちら

また、クレジットカード会社を通してホテルを予約する事も可能です。
特にゴールドカードなどのプレミアムカードをお持ちの方は、いわゆるお得意様なので、人気のホテルや予約が取れにくいピークシーズンなど、何とかしてお部屋を確保してくれる場合があります。

海外旅行保険に入ろう

海外旅行保険とは、旅行中の病気やけが、盗難などのトラブルにあった際の出費を補償してくれるものです。あくまでも旅行する人の意思による任意の保険なので絶対に入る必要は ありません。
実際に、海外旅行に行く日本人の半分は保険に加入しないまま行って、無事に帰ってきている人の方が多いので、保険に加入する必要がないと思っている人も多いかもしれません。

しかし、盗難やトラブルに巻き込まれた際、想像を超えるほどの多大な出費となります。 また、海外の医療費は日本に比べるとかなり高いので、万が一事故にあったり病気になってしまうと痛い出費となります。起きてしまってからでは遅いので、ぜひ加入しておきましょう。

海外旅行保険には

  • クレジットカードに付帯されている海外旅行保険
  • 保険会社に申し込む海外旅行保険

があります。
クレジットカードは契約の時に、海外旅行保険に自動で加入しているものもあります。 しかし、カードに付帯している保険だけでは、金額的に足りないと思う人には、保険会社で 海外旅行保険を申し込むのが良いでしょう。

クレジットカードをお持ちの方は、要チェックです!
ちなみに私の持っているセゾン アメリカン・エキスプレスのクレジットカードに付帯されている海外旅行保険では、傷害・疾病治療費に300万円補償されるので、オススメです。

天候・天気を把握する

旅行先が決まったら、その国の天候と天気を調べてみましょう。日本は夏でも、行ったら 真冬だった!なんて事があったら悲しいですよね。

こちらで世界各国の気候・天気情報をチェックできます。

天候・天気情報サイトWeatherNews
http://weathernews.jp/world/

調べておくと便利なこと

・免税店での買い物
これは自分が海外旅行に行くときには恒例になっていますが、欲しい化粧品などをチェックします。空港の免税店で普通より安く買うことができます。
日本では高額の税金が掛かるウイスキーなどの酒類やタバコ、香水を免税で買うことができます。値段の違いにビックリします。なお、免税品は国際線の出国手続き後にしか買えませんので時間に余裕を持って空港に行くと、ショッピングを楽しむことができます。

・大使館の場所
渡航先の国で、日本の大使館または領事館の場所を調べておきましょう。盗難などにあってパスポートなどを無くした時に、必要な書類を緊急で発行してくれます。また、怪我や病気などになったときに病院を紹介してくれたり、日本に連絡を取ったりしてくれます。