海外旅行の持ち物

海外旅行に行く時の必需品

持ち物は、チェックインで機内に預ける大きな荷物と、機内に持ち込める手荷物の2つにするというのが一般的です。預ける荷物を入れるキャリーケースや鞄などには必ず鍵をつけましょう。壊れやすい物や貴重品は手荷物として機内に持ち込んだ方が良いです。

貴重品類
  • パスポート
  • クレジットカート
  • 航空券
  • 各種証明書
  • 海外旅行保険証
  • 日本円/外貨
  • ホテルなどの予約確認書
旅に必要な物
  • ガイドブック
  • カメラなど
  • 着替え
  • 洗面用具
  • メガネやコンタクト
  • 化粧品など
  • パジャマや下着など
  • 常備薬
あると便利
  • ドライヤー
  • ソーイングセット
  • 雨具等
  • 変圧器等
  • ミニ英会話の本など
  • 室内履き
  • アルコール除菌シート

最低限これだけ持って行けば大丈夫だと思いますが、他に必要なものはないか、よく 確認してください。現地で用意できるものはなるべく現地で用意した方が良いです。

たくさんの荷物を持っていくと帰りにお土産が入らなくなります。私も経験済みです。

下着などはあえて古い物を持って行って、使ったら現地捨てるという人もいますね。 ちなみに、国によってはホテルにアメニティがついていない所もあるのでバスセットを 持って行った方がいいかもしれません。
いわゆる寝間着のようなものもないので必要な方はパジャマなども持って行くと良いようです。

予算を抑えて様々な国を旅行する、価格を重視した旅もオススメです。

旅行かばんの選び方

基本的には、必要書類や貴重品(カメラなど含む)などを入れた小さいボストンバッグと、衣類や洗面用具をまとめた大型カバンの2個が必要になります。

まずは機内に持ち込む手荷物ですが、10kg以下で一人一個までと制限がかかるので使い慣れてる物やひったくり被害にあいにくい物を選ぶと良いでしょう。現地でも使うので、肩から下げられるものや、取り出しに便利な腰につけられるような物をオススメします。

次にチェックイン後、航空会社に預ける大型カバンですが主にスーツケースや、キャリーバッグが良いです。荷物が少なければ柔軟性のあるボストンバッグも中々良いです。

スーツケースは丈夫で、しっかり鍵のかかる物が良いです。

基本的にスーツケースは投げられるので貴重品は絶対にいれないようにした方が良いです。 私も投げられて傷だらけになったことがあります。

またキャリーバッグは、持ち運びが楽なので使い勝手が良いです。さらに付け加えると丈夫な布製の物を選んだ方が、傷つきにくいので長く使えます。以前私が購入した安いキャリーバッグはキャスターがすぐ壊れたので、購入の際は少し注意して見た方が良いかもしれません。

アメリカへ渡航する方は、TSAロック対応のスーツケースを!

2001年9月11日のアメリカ同時多発テロをきっかけに、アメリカへの出入国の際、荷物検査が非常に厳しくなりました。しばらくしてから、荷物を預ける際に、スーツケースの鍵をかけてはいけない決まりができました。もし、鍵を かけた場合は、職員によって切断・破壊されて中を調べられます。またその際に壊れた鍵に対しては職員が責任を追わないという決まりもあります。

TSAロックとはTSA機能がついているスーツケースや鍵のことです。 このロックがついていると、持ち主が自分の鍵で施錠していてもTSAの職員がが専用の合鍵を使って、開錠して荷物を検査します。もちろん、検査後はちゃんと閉めてくれます。 アメリカ以外にも、ハワイやサイパンなど、アメリカ領の場所は荷物に鍵をかけられないので、注意してください。

荷造りのコツ

私のオススメは、手荷物にも小さなバスセットや1~2枚の衣類を入れておくことです。前に空港で、自分のスーツケースがなくなってしまった人を目撃したことがあります。さぞ大変だったでしょう。荷物の取り違えなどは珍しい事ではありません。念のため持っておくのも良いと思います。

また、預けるスーツケースやキャリーバッグにはシールやキーホールダーなどわかりやすい目印をつけておくと、荷物を探しやすいです。

次に大型荷物ですが、上でも書いた通りあえて古い下着などを持って行くことによって帰りに捨てて荷物を減らすという方法もあります。
それ以外にも衣類は丸めて詰めると、スペースが取りやすいです。私は、靴を持って行く時には中に靴下などを詰めたりもします。

ちなみに、出入国検査の時に職員の方にスーツケースを開けられてチェックされる場合があります。その時に下着など直接手を触れられたくないものは、透明なビニール袋に入れておくと良いでしょう。

荷物の種類について

飛行機に乗る時の荷物は2種類のタイプがあります。
飛行機の機内に持って行く「持込手荷物」と空港の出発カウンターで預ける「受託手荷物」です。

大きさや重さなどの規定が異なりますので、荷物を準備する際に気を付けてください。

出発カウンターで預ける受託手荷物について

出発カウンターで預ける荷物は通常エコノミークラス利用の場合23kg以内(荷物の縦・横・高さの和が203cm以内)、ビジネスクラス・ファーストクラスが32kg以内(荷物の縦・横・高さの和が203cm以内)になっています。

アメリカやグアムなど太平洋路線は重さではなく個数で制限される場合もあります。
エコノミークラスが2個、ファーストクラス、ビジネスクラスが3個で、それぞれの荷物が32kg以内で3辺の和が273cm以内(エコノミーの場合はさらに 2個の3辺の和の合計が273cm以内)という規定になっています。

※航空会社により条件が異なります。規定の大きさや重さを越えてしまうと超過手荷物料金が必要になります。旅先でのお土産や買い物で手荷物の量が増えることが多いので、余裕をもった荷物の量設定が重要です。

機内に持ち込める手荷物について

国際線の場合、100ml(g)を超える液体物は、飛機内持ち込むことができません。

透明なプラスチックの容器に入った100ml(g)以下の液体は合計1リットル(1000ml) まで持ち込むことができます。その際、透明のジッパーに入れなければなりません。 なお、免税店で購入したお酒などは持ち込む事ができます。

また、手荷物のサイズにも規制があります。幅55cmx高さ40cmx奥行25cm以内で 3辺の合計が115㎝までで、重さ10kgを超えない手荷物1個まで持込む事ができます。

ただし、一部の外資系航空会社や格安航空会社を利用する場合は、制限の規定が微妙に違うので各航空会社に問い合わせて、確認をして下さい。

お金の用意

旅行においてお金の持ち方は非常に重要です。もちろん海外では日本円は使えないので、 現金を両替して現地通貨に換える事になります。残ってしまうと帰国した後にまた両替する事になるので、トラベラーズチェックやクレジットカードと組み合わせて持つと便利です。

両替について

出発前に日本国内で両替するのも良いですが、レートが変わったり使いきれない可能性があるので現地で両替するのも一つの手段です。ただし、空港やホテルは一般的に交換率が悪い場合が多いです。

市内では銀行や公認両替所で両替する事ができますが、盗難の可能性も高くなるので一度に多額の両替をしない方が安全です。
タクシー代や公共機関は現金しか使えない事が多いので、ホテルまでの交通費など1万円程度は出発前に両替しておくのが良いでしょう。

クレジットカードは2枚以上持っていく

様々な国で通用し、身分証明書にもなるので1枚は持っておいた方が良いです。現地で両替の必要もありませんし、万が一の時はキャッシングもできます。紛失や盗難の際も再発行が可能です。また、海外旅行保険がついていたり、現地でのサポートサービスもあります。

ただし、クレジットカード会社の種類によっては使えない場所もあるので2枚以上持っておくと便利です。 海外旅行に行くなら様々な優待がついているカードをぜひ選んでください。 カードによっては海外旅行保険も付帯しています。

私の持っているセゾンゴールド・アメリカン・エキスプレスカードには海外旅行に有利な優待がたくさんついているので、重宝しています。

現金も必要

クレジットカードは主な国で使えますが、まだまだ現金のみの国やお店がたくさんあります。いつでもどこでも使えるので、現地通貨は必ず必要です。特に交通費の支払いやチップ等は現金が有効的です。

ただし現金を持つデメリットはたくさんあり、盗難や紛失した際には保険が効かないため安全面ではあまり良くないです。多額の現金は持ち歩かない方が良いです。

大きいお札よりもコインがあった方が使い勝手が良いですが、余ると両替する事ができないので、なるべく使い切ることをオススメします。
コインが余った時は帰りの空港に行く時に、タクシーの運転手などのチップにすると効率が良いかもしれません。

トラベラーズチェック

トラベラーズチェックとは、旅行や出張など海外渡航の際に発行される外国旅行者向けの小切手です。銀行や郵便局などで発行してくれます。現金と同じように使うことができますが、 使用時には署名とパスポートが必要です。

盗難、紛失の際には再発行されるというメリットもありますが、使える店が少ない事や購入時に手数料がかかるなどのデメリットもあります。