海外旅行の注意点

パターン別トラブル

見知らぬ土地でのトラブルは、絶対に避けたいもの。ここでは可能性のあるいくつかの トラブルを紹介します。まず大事なのは未然に防ぐこと、起きてしまった場合は身の安全を 優先しましょう。

また、トラブルにあわないために注意すべき点もいくつかご紹介します。

お金や貴重品など、外で出さない。派手な格好をしない。

海外の諸国に比べると、日本は非常に治安が良く安全な国です。そのため、どうしても身の 安全に対する意識が低いです。海外では日本人を狙った盗難や詐欺などが非常に多いです。 写真を撮ろうとしているそのデジタルカメラや、時間を確認するための腕時計も、物によっては現地の人の収入の1年分と同じくらいです。

また、女性は露出の多い服や派手なものは避けるべきです。宝石がついているピアスを引きちぎられて耳に怪我を負ったという話も聞いたことがあります。

日本では普通だと思える行動でも、海外ではトラブルを招く原因となります。気を付けましょう。

多額の現金を持ち歩かない。

お金は分散して持ちましょう。また、手荷物以外のスーツケース等に忍ばせるのも手です。これは私の体験談ですが、ホテルの従業員が部屋の掃除中に客の私物を盗んだりするので、現金を全て持っていたところ、スリにあいました。幸い親族がいたので、帰ることはできましたが、今になって振り返ると、自分の注意不足でした。

小銭入れに札を折り曲げて入れ、財布とは別にするなど工夫をした方が、被害が少なくなるかもしれません。

夜道、治安の悪い場所を避ける。

国によっては、首都は治安が良くても、地方は治安が悪い場所があります。
また、夜間は犯罪が起きやすい時間帯なのでくれぐれも一人で夜道に出るなどがないよう気を付けてください。集団での犯罪もありますので、単独行動は危険です。

これらの対策をしても、被害にあってしまう可能性はあります。
まず、相手が銃やナイフ などの凶器を持っていたら抵抗しないようにしましょう。 また、荷物からは目を離さず財布はズボンのポケットには入れないようにしましょう。

では次に、パターン別に紹介していきます。

空港で

まず一番注意したいのは置き引き。特にチェックインの時は危険 です。自分の荷物から絶対に目を離さないでください。それ以外にも白タク(違法タクシー)や、偽の出迎え犯による強盗などがあります。いずれにせよ、知らない人から声をかけられた場合は注意した方が良いです。

ホテルで

これは私の友人ですが、ホテルの従業員に、窃盗をされたそう です。また、ランクの低いホテルやあまりにも安すぎるホテルの貴重品ボックスなどもアテにしない方がいいです。必ず旅行会社に取ってもらうか信頼できるホテルを予約するべきです。
その他にも偽ルームサービスや、エレベーター内での強盗などがあります。

街中で

街中でのトラブルはダントツに多いです。特に、強盗には気を付けて。一人が何らかのアクシデントで気を引き、その隙に金品を奪うなどの手口もあります。
また、子供のスリもかなり多いです。子供でも油断してはいけません。 偽物の警察官になって金品を騙し取るような事件もあります。

買い物で

よくあるのがクレジットカードの偽造。カード情報を機械で読み取られて偽造されるケースも。また、市場のような場所で買い物をする時は押し売りなどを 受ける場合があります。いらないものはハッキリと断りましょう。飲食店でも、頼んでないものが出てきたなどのトラブルが後を絶ちません。そういう時は毅然とした対応を忘れないこと。

病気・ケガなどのトラブル

体調が悪くなった場合、ホテルに連絡を入れるか、ツアーなら旅行会社に電話をかけましょう。また、クレジットカードの付帯で海外のデスクサービスなどがあればそちらに電話をかけてください。
ちなみに、海外で救急車を呼ぶのはお金がかかりしかも高額です。
日本のようにすぐ呼ぶことはできません。かと言って、我慢して悪化させるのも危険なので 病院に行ける状態であれば、言葉がわかる人を連れて早めに医者に診てもらいましょう。

保険に入っている人は、「診断書」「領収書」を必ず受け取ってください。また、現地に 保険会社の提携している病院があれば無料で診察を受けられます。帰国後に請求する事も できます。

その場合は、帰国してから30日以内に手続きをしなければなりません。

ちなみに、歯の治療と持病、妊娠に関連する事は保険対象外 となります。補償する保険会社も一部あるみたいですが、 ほとんどの保険会社は補償しないので、注意してください。 また、海外の医療費はとんでもなく高額です。保険に入って いた方が万が一の時には安心です。

パスポートをなくした場合

まずはすぐに警察に盗難届を出しましょう。その後、日本大使館へ行きます。 日本大使館に行くと、パスポートの再発行ができます。もちろん、手続きはかなり面倒なものですし、出来上がるのに最低1~2週間かかるので大変です。

しかし、すぐに帰らなければならない人は「帰国するための渡航書」というものを発行してもらうことができます。これは1~3日くらいで発行されますがこちらも手続きは面倒です。

この手続きはどちらも手数料がかかります。
身ぐるみはがされて無一文になっても、金銭の援助はしてくれません
ので、お金は必ず分散させて持つことをオススメします。 もちろん、起きないのが一番ですが起きてからでは遅いので万全の対策を取りましょう。

再発行に必要な書類

パスポートの再発行

  • 現地警察が発行した盗難届
  • 一般旅券再発給申請書
  • パスポート用の写真
  • その他参考になる書類
  • 手数料
  • (パスポートのコピーがあると楽です。)

帰国するための渡航届

  • 渡航書発給申請書
  • 戸籍謄本若しくは抄本、又は日本国籍があることを確認できる書類
  • 写真
  • 手数料

飛行機に乗り遅れた場合

パスポート紛失に比べたら、小さなトラブルです。慌てずに落ち着いて対処しましょう。 渋滞などで飛行機に乗り遅れるトラブルは結構あります。
まずは、乗り遅れた事を空港の係員に伝えましょう。ほとんどの航空会社が後続便を手配してくれます。ただし格安航空券などは新たに買う必要があります。また、途上国の航空会社ではお金を取られる場合もあります。

どちらにしても、乗り遅れない事が大事です。目覚まし、モーニングコールのサービスを忘れずに準備してください。渋滞などの可能性も考えられるので早めに空港に向かうことも忘れずに。遅れる場合は電話を入れると優先的に案内してもらえるので連絡を入れておいた方が良いです。

国のタブーや文化の違い

国にはそれぞれ、文化や習慣、マナーの違いが存在します。たとえ日本人で、観光者でもその場では従わなければなりません。これらの事を守らないと、相手にとって失礼になるだけでなく、トラブルになる可能性もあるので行く前に少し情報を入れておきましょう。

まず特に気を付けたいのが宗教の違いです。宗教によっては、左手で食べてはいけない、 女性は肌を露出してはいけないなど様々。 そして食事や服装のマナーですが、ほとんどの国が日本より厳しく、英国などは特にレディファーストに厳しいです。国によってはマナー違反で罰金や逮捕もありますので、非常識と思われる行動は慎みましょう。

旅行に出かける前に、本やネットで調べておいた良いです。

トラブルについて重要なお話

別ページや上記で何度も書きましたが、お金の持ち方は特に神経を使った方が良いです。
私自身、スリや置き引きに遭って大変な思いをした事があります。しかも凶器で脅されるような強盗をされたわけではなく、自分の不注意、安全意識が欠けていた事が原因でした。

それくらい、住み慣れた日本は特別に安全で平和だということと、実際に日本人はそういった意識が薄いものだと痛感しました。日本での常識は、海外では非常識とは良く言ったものです。
お金だけではありません。日本人は特に強盗やスリに狙われやすいのです。日本人はお金を持っている・騙しやすいなどのイメージがあるからです。

また、日本人は謙虚な人が非常に多いです。

そのようなトラブルに巻き込まれた時には 毅然とした態度を取ることを絶対に忘れないで下さい。すぐに「すみません」と言うのは 危険です。
言いくるめて非を認めさせてお金を請求するといった詐欺もあります。

日本にいるときと同じ感覚で海外に行くと、痛い目に遭います。少し意識を変えるだけでいいのです。それだけで、そういったトラブルに遭う確率はぐんと減ります。

みなさまの海外旅行が、楽しく、安全であることを願っています。